八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

八商工が全国高文祭へ 3校郷芸部そろって優秀賞

来年7月の全国高校総合文化祭への出場を決めた八重山商工郷土芸能部の部員たち=8日夜、南ぬ島石垣空港

来年7月の全国高校総合文化祭への出場を決めた八重山商工郷土芸能部の部員たち=8日夜、南ぬ島石垣空港

県高校総合文化祭

 第39回県高校総合文化祭・第26回郷土芸能大会(県高文連主催)が7日、沖縄市民会館大ホールで15校が出場して行われ、八重山、八重山商工、八重山農林の地元3校郷土芸能部がそろって優秀賞(5校)に輝き、このうち八重山商工が県代表(2校)として7月に広島県で開かれる第40回全国高校総合文化祭に派遣されることが決まった。

 八商工は部員17人が出演。「世(ゆ)ば稔(なう)れ、肝(きむ)清(す)らし」の演目で、神に感謝し五穀豊穣(ほうじょう)を願う奉納芸能を披露した。

 部員らは8日夜、凱旋(がいせん)し、南ぬ島石垣空港で保護者らから祝福を受けた。

 南風原大征部長(3年)は「人数が少なくても多くみえたと評価され、構成もよかったと思う。後輩には今以上に部員を集め、全国大会で最高の演技をし、国立劇場(2校出演)に行ってもらいたい」と後輩に託した。

 2年生の杉本優美さんは「3年生が努力して全国大会に出場することができる。国立劇場に出演できるよう全国大会で優勝したい」と語った。

 外部指導者の福里喜四郎さんは「生徒はすごい演技をしてくれた。審査委員からも注文はなく、お褒めの言葉をいただいた」と絶賛。石垣真昭顧問は「毎日の練習をこつこつと続けてきた結果。よく頑張ってくれたと思う」とたたえた。

 全国大会は来年7月30日から3日間の日程で、三原市芸術文化センターで行われる。

  • タグ: 県高校総合文化祭郷土芸能大会八重山高校八重山商工高校八重山農林高校
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム