八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

産業まつりも盛況に

30業者が出店している2015八重山の産業まつり。大勢の人でにぎわいをみせている=7日午後、市民会館中ホール

30業者が出店している2015八重山の産業まつり。大勢の人でにぎわいをみせている=7日午後、市民会館中ホール

Y1-GPきょう決定

 石垣市民会館中ホールで石垣島まつりと同時に始まった2015八重山の産業まつりには郡内の30業者が出店、34ブースで自社商品を展示販売し、多くの来場者でにぎわっている。

 初出店の「やし屋」=桴海=は自家製バウムクーヘンを出品。しっとりとした食感が特徴で、白玉アツ子さん(42)は「材料にこだわり、いろんな工夫をして作っているので限定販売。地元の人にも知ってもらいたい」と話した。

 (有)うえざと木工=字石垣=は、若手の職人がアイデアを出し合って雑貨を出した。スピーカー機能を兼ね備えたスマートフォン用スタンド「iPhoneスピーカー付きスタンド」を作った荒木健二さん(44)は「イヌマキ、ヤラブ、センダンを使っており、種類によって音色が違う」とPR。

 一方、ことしの産業まつりは、屋内運動場から市民会館中ホールに会場が変更されたため、出店業者や来場者から「狭い」との声が相次いだ。来場した上原忍さん(42)は「木工品のおもちゃがよかった。子どもたちも遊んでいた。ただ、会場が狭くて通りにくかった」と感想。

 産業まつり実行委員長の前里喬史八重山青年会議所理事長は「一度元の場所に戻した上で、今後の産業まつりのやり方、在り方を考えたい」と話した。

 出店商品のナンバーワンを決めるY1―グランプリの来場者アンケートも行われており、8日午後3時55分から新栄公園特設ステージで結果発表と表彰式がある。

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム