八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

石垣島まつりに大勢の市民 きょうまで開催

多くの人出でにぎわう第51回石垣島まつり=7日午後、新栄公園

多くの人出でにぎわう第51回石垣島まつり=7日午後、新栄公園

多彩なイベントにぎやかに パレードや花火も

 第51回石垣島まつり(同実行委員会主催)が7日、新栄公園で始まった。今回は八重山の産業まつり2015(同実行委員会主催)も市民会館中ホールで同時開催となり、大勢の人出でにぎわっている。2日目の8日は午前11時から新川小学校前から市役所前までの市役所通りで35団体、総勢1850人の市民大パレードがあり、ステージや打ち上げ花火なども大勢の人たちを集めそうだ。

 7日は晴天に恵まれ、日中の最高気温は午後1時54分に登野城で29・9度まで上がる夏日。

 同日正午からのオープニングセレモニーで、実行委員長の中山義隆市長は「ことしは八重山の産業まつりを同時開催するなど、各種団体の関連イベントも豊富にある。昨年に続いてまつりの主会場を新栄公園とし、市街地、近隣住民の活性化を図りたい」とあいさつ。

 寺田雄司岡崎市副市長、及川義明北上市副市長の祝辞に続いて、真栄里伝統芸能保存会(仲大盛吉幸会長)が獅子舞を披露。我喜屋隆市商工会長の開会宣言で開幕した。        ステージでは健康体操クラブの踊りや屋比久流八重山拳法王道会総本部の演武、サークル・団体のダンスやちびっこ&ファミリーのど自慢大会などが次々と行われた。

 夕方からは「Saturday Nightスペシャルライブ」があり、石垣島出身のアーティスト、饒平名久乃さんのライブや日出克さんと琉球國祭り太鼓の共演も披露。郷土芸能の夕べでは参加者全員によるモーヤーで締めくくった。

 会場には多くの出店のほか、福祉団体や親善・友好都市の物産展、八重山そば選手権のグランプリ受賞店の出店もあり、多くの来場者が八重山そばや特色のある料理を堪能していた。

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム