八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

20周年記念碑「結」を除幕 石垣市・蘇澳鎮

姉妹都市締結20周年の記念碑を除幕する中山義隆市長(中央左)と蘇澳鎮の陳金麟鎮長(同右)=6日午後、新栄公園

姉妹都市締結20周年の記念碑を除幕する中山義隆市長(中央左)と蘇澳鎮の陳金麟鎮長(同右)=6日午後、新栄公園

今後も友好関係促進を

陳鎮長ら24人が来島

 

 石垣市と台湾・蘇澳鎮の姉妹都市締結20周年記念碑の除幕式が6日午後、新栄公園で行われ、蘇澳鎮の陳(チェン)金麟(ジンリン)鎮長が中山義隆市長とともに「結」の文字が書かれた記念碑を除幕した。中山義隆市長は「双方の強みを生かしながら、相互の発展のために友好関係を促進していきたい」、陳鎮長は「交通や観光、経済、文化交流に力を入れ、新しい歴史の一ページを開きたい」とそれぞれあいさつした。

 市と蘇澳鎮は1982年、蘇澳鎮青年商会と八重山青年会議所の間に姉妹締結がなされたのを機に交流を開始。人的、文化的交流を重ね、95年9月には姉妹都市として提携し、ことしで20周年を迎えた。

 蘇澳鎮側からは陳鎮長ら24人の訪問団が来島。

 除幕式で、「結」の文字を揮毫(きごう)した書家の茅原南龍氏は「絆がより一層強くなるように普通よりも太めに書いた。これからもますます友好が続くことを祈念する」と述べた。

 市議会の知念辰憲議長と蘇澳鎮議会の張(チャン)正義(ツェンイ)議長は祝辞を述べた。

地図
  • タグ: 蘇澳鎮の姉妹都市
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    関連するニュース

    • 関連するニュースはありません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム