八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

アンガマ問答で戦争を追体験 朗読劇に満員の観客ら涙

「アンガマ行事」を取り入れながら行われた戦後70年記念朗読劇「アンガマ異聞−石垣島のいくさ世−」。問答を通して死者の声にも耳を傾けた=5日夜、市民会館大ホール

「アンガマ行事」を取り入れながら行われた戦後70年記念朗読劇「アンガマ異聞−石垣島のいくさ世−」。問答を通して死者の声にも耳を傾けた=5日夜、市民会館大ホール

 旧盆の伝統行事「アンガマ」の問答を取り入れながら、70年前の戦争体験を語り継ぐ戦後70年記念朗読劇「アンガマ異聞−石垣島のいくさ世−」(八重山戦争マラリアを語り継ぐ会主催)が5日夜、石垣市民会館大ホールで開かれ、満員の観客が朗読を通して戦争を追体験した。

 朗読劇は、学校が兵舎に変わり、慰安所や飛行場ができていく様子から空襲、石垣島事件、マラリア地獄、尖閣列島戦時遭難事件など沖縄戦終結後までを証言で語り継いでいくもので、劇作家の栗原省さん作。

 世代間で戦争体験を継承する取り組みとして、15人の小中校生も参加。米兵3人の捕虜を処刑した石垣島事件では、捕虜を銃剣で突き刺した八重山出身者の志願兵の体験を紹介。高校生の朗読者は「上官の命令を受け、死体となった米兵を私も目をつぶって突いた。必死だった」と声を振り絞った。

 アンガマ問答では、ンミー(媼)が「家族が亡くなった70年前のことが忘れられず、悲しい」と体験者の思いを代弁した。

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

ページ移動

キーワード検索フォーム