八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

八重山でも配達始まる マイナンバー

石垣市内でもマイナンバー通知カードの配達が始まった=4日午前、市内大川

石垣市内でもマイナンバー通知カードの配達が始まった=4日午前、市内大川

郵便局、誤配ないよう注意

 国内に住民票のあるすべての人に12ケタの番号を割り振る共通番号(マイナンバー)制度で、番号を知らせる通知カードの配達が4日、県内で始まり、石垣市でも同日、八重山郵便局(諸見里強局長)の配達員が、携帯端末機で配達物と住所を確認しながら通知カードを各世帯に届ける作業を開始した。

 同局によると、通知カードは今月中にも全世帯に簡易書留で届けられる。石垣市内約2万3300世帯、竹富町約2350世帯、与那国町約800世帯で、1日1000件程度を配達する。

 同日午前、簡易書留を受け取った石垣市大川の会社員、賀数多美さん(24)は「マイナンバーが通知されたが、どのように使っていくのか分からないので、周囲の人たちの対応を見ながら考えていきたい」と話した。

 諸見里局長は「重要な個人番号なので、誤配達などの事故が起こらないようにきっちり配達していきたい」と述べ、不在の場合は後日の再配達や郵便局での受け取りを呼びかけた。

  • タグ: マイナンバー
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    関連するニュース

    • 関連するニュースはありません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム