八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

小型ポンプ操法2位を報告 10年ぶり出場の県大会

漢那政弘副市長に大会第2位の報告を行った石垣市消防団=28日午後、市役所庁議室

漢那政弘副市長に大会第2位の報告を行った石垣市消防団=28日午後、市役所庁議室

市消防女性団員

 23日に県消防学校(中城村)で開かれた第24回沖縄県消防操法大会(県、県消防協会主催)の女性小型ポンプ操法の部に10年ぶりに出場し、第2位となった石垣市消防団(新垣能一団長)の女性団員らが28日午後、市役所で漢那政弘石垣市副市長に入賞を報告した。

 大会は各市町村の消防団が消防訓練の基本操作や器具操作、放水などの操法を競う。大会は2年に1度開催されている。

 指揮者の三輪千夏さん(38)は「家庭を持つ女性団員もいるので練習は厳しかった。次大会では優勝を狙いたい」と意欲を示し「経年劣化による機材更新も行ってほしい」と要望した。

 漢那副市長は「市消防団は女性団員が頑張っている。次は優勝を狙ってほしい。機材更新は検討したい」と前向きな姿勢をみせた。

  • タグ: 石垣市消防団沖縄県消防操法大会
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム