八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

「南の島の星まつり」をPR

石垣市観光交流協会の高嶺良晴会長らが参加した第3回日本三選星名所星空サミット=18日、長野県南牧村(石垣市観光交流協会提供)

石垣市観光交流協会の高嶺良晴会長らが参加した第3回日本三選星名所星空サミット=18日、長野県南牧村(石垣市観光交流協会提供)

日本三選星名所星空サミット

 テレビ番組で「天文学者が選ぶ星がきれいに見える場所三選」に選ばれた石垣市、長野県南牧村、岡山県井原市美星町の観光協会による「第3回日本三選星名所星空サミット」が18日、南牧村で開催され、3地域で連携したユニホームやグッズの製作、天文台の知識検定の実施などについて話し合われた。「宙(そら)ガール」の篠原ともえさんが同サミット大使に任命された。

 石垣市からは市観光交流協会の高嶺良晴会長、石垣島天文台の宮地竹史所長らが参加。市が「南の島の星まつり」で実施しているライトダウンの取り組みへ評価が寄せられた。

 同村観光協会の新海文人会長は、10年前から同協会が育成に取り組んでいる星ソムリエによる観光客への地域の星に関する情報提供サービスなどを紹介した。

 前日17日には、関連イベント「手ぶらde星空観賞会」が行われ、地元の飲食店やアウトドアメーカーなどの物販や野辺山宇宙電波観測所の職員による講演会が開かれた。

  • タグ: 石垣市観光交流協会
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム