八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

琉球新報学校新聞コンクール 大本小の7人が入賞

琉球新報学校新聞コンクールで、県マルチメディア教育研究会会長賞に輝いた大本小4年の徳琉歌君(前列左から2人目)と、平和祈念賞を獲得した同5年の大江みちる君(同3人目)ら=27日午後、同校校長室

琉球新報学校新聞コンクールで、県マルチメディア教育研究会会長賞に輝いた大本小4年の徳琉歌君(前列左から2人目)と、平和祈念賞を獲得した同5年の大江みちる君(同3人目)ら=27日午後、同校校長室

郡内中学校から21人

 「第10回琉球新報学校新聞コンクール・第17回県中学校社会科新聞コンクール」(琉球新報社など主催)の小学校壁新聞の部で、大本小学校4年の徳琉歌君(10)の「映画館新聞」が県マルチメディア教育研究会会長賞、同5年の大江みちる君(同)の「70 YEARS AGO 1945」が平和祈念賞に輝いたほか、5人が入賞した。郡内小学校からの入賞は同校のみで、中学校は21人が入賞した。

 本島の映画館を取材し、上映までの過程やスクリーンの種類、高画質の4K映像などについてまとめた徳君は「映画館が大好きで、将来の夢は石垣島に映画館を造ること。これからも映画について調べていきたい」と意欲。祖父の戦争体験を自作の漫画で表現し、太平洋戦争末期の出来事を年表などで紹介した大江君は「後で祖父に新聞をみせたい。新聞から戦争や原爆の恐ろしさをたくさんの人に感じ取ってもらいたい」と語った。

 同校の漢那ひとみ校長は「活字で自分の考えを表現し、工夫を凝らしてまとめる力が付いてきた。今後も学校の伝統としてずっと新聞作りを続けていけたら」と話した。

 ▽2人以外の入賞者は次の通り。

 【小学校壁新聞】

 ▽金賞=上原花音(同3年)、当銘由羅(同5年)

 ▽銅賞=川奈巧(同5年)、友寄愛加理(同)、上原花穂(同6年)

 【中学校社会科新聞】

 ▽金賞=大田生吹(名蔵2年)

 ▽銀賞=比嘉彩香(富野2年)、前泊和希(石垣第二1年)、鳥海拓樹(大浜2年)、安生心優(白保1年)、山口奏空(船浦1年)、下地雪妃(同2年)、稲蔵華子(与那国2年)

 ▽銅賞=星空(川平3年)、石垣文蘭(崎枝1年)、當銘和輝(名蔵1年)、松本優海(同2年)、下地敦大(石垣第二1年)、前盛夢歩(大浜1年)、大江梨規(同)、平田真由美(同2年)、石塚美南海(同)、祖納大樹(同)、増田天道(白保3年)、村田太陽子(船浦2年)、田島吟(与那国2年)

  • タグ: 琉球新報学校新聞コンクール大本小学校
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム