八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

「感動をありがとう」

一塁側スタンドから選手に声援を送る人たち=26日午前、鹿児島市鴨池公園野球場

一塁側スタンドから選手に声援を送る人たち=26日午前、鹿児島市鴨池公園野球場

保護者やOBエール送る

 一塁側スタンドには、選手の保護者や八重高OBのほか、鹿児島県外からも郷友や野球部OBらが駆けつけた。約70人がオレンジのTシャツや黄色のハチマキを身に着け、メガホンを持って声を張り上げた。4点を追う四回裏、八重高が1点を返すと大騒ぎ。この後、反撃かなわず敗れたが、「感動をありがとう。来年夏に甲子園を目指そう」と期待した。

 家族で応援に来ていた又吉海智捕手の姉・智乃さん(25)は今日が誕生日。「地区大会から県大会、九州大会まで来られて毎日が夢のようだった。きょう、夢が覚めてしまったが、夏の大会ではまた夢を見させてほしい」と感謝。

 兄の大智さん(23)は「1回戦は緊張しているようだったが、今日は本来の笑顔が出ていてよかった。男兄弟で甲子園に行ける最後のチャンスは一番下の海智なので、夏に向けて家族みんなで協力したい」と話した。

 八重高野球部OBの仲里和樹さん(23)は「自分たちが行きたかった甲子園を目指して夏に向けて頑張ってほしい。OBも百パーセントの力を出して応援する」と支援を約束。

 同OB会の石垣三夫さん(63)は「地元の子どもたちだけでここまで来られて感動している。あと一歩足りなかったが、修正するところは修正して、夏の大会に向けてほしい」とエール、「選手たちからは応援がうまくなってきていると言われた。夏にはもっとうまくなっていると思う」と笑顔をみせた。

 仲山琉斗の姉、真梨奈さん(24)は東京から駆けつけ、「みんなが野球を楽しんでいる様子が伝わってきた。また応援したくなった」と八重高ファンになった。

  • タグ: 八重高
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム