八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

八重高快勝、8強進出 九州高校野球

試合終了後、笑顔でベンチに戻るナイン=24日午後、鹿児島県立鴨池野球場

試合終了後、笑顔でベンチに戻るナイン=24日午後、鹿児島県立鴨池野球場

鹿児島城西に5-1
あす秀岳館-明豊の勝者と対戦

 【鹿児島で比嘉盛友記者】第137回九州地区高校野球大会(九州地区高野連主催)は24日、鹿児島県立鴨池野球場を主会場に開幕。同球場の第2試合に登場した八重山(沖縄1位)は初戦の2回戦で鹿児島城西(鹿児島2位)と対戦、5-1で快勝し、8強に進出した。来春の選抜大会出場をほぼ確実にするまであと1勝。八重山は鹿児島市鴨池公園野球場で26日午前10時から行われる3回戦で、秀岳館(熊本1位)―明豊(大分2位)の勝者と対戦する。一方、沖縄第2代表の興南は海星(長崎1位)に3―10で七回コールド負けを喫した。

 先行の八重山は初回、先発・仲山琉斗の立ち上がりを攻められ、安打と失策で1点先制されたが、直後の二回、4番黒島投真の安打を足がかりに7番仲山の適時打で同点。8番又吉海智の四球、9番伊志嶺瑠希の安打で2死満塁となり、1番川満が四球を選んで逆転した。

 八重山は続く三回、3番東盛隼己、4番黒島の連打に5番新里光平の犠打でチャンスを拡大すると、6番与那嶺匡の中犠飛で1点追加、さらに2失策で加点した。五回には4番黒島、5番新里の連打、6番与那嶺の四球に7番仲山の中前打で突き放した。

 先発仲山は初回こそ浮足だったが、二回以降は自分のペースを取り戻し、打たせて取るピッチングで要所を締めた。奪三振はなく、被安打5と凡打の山を築いた。

 スタンドには石垣島から駆けつけた保護者、本島や関東、関西から駆けつけたOB、郷友らが声援を送った。

 〈2回戦〉

八重山

022 010 000|5

100 000 000|1

鹿児島城西

(八)仲山―又吉 (鹿)平、井上―戸川

 

 【歴史に残る一勝】 仲里真澄監督の話

 初めての九州大会だったが、思っていた以上に普段通りの野球をしてくれた。一回はプレッシャーがあったのか八重山らしくないプレーがあったが、その後は良くなった。県大会での泥臭い野球が九州でもできた。八重高の歴史にとって大きな一勝となる。

 【堂々と戦った】 友利有也主将の話

 チームとして成長できたと思う。相手は強かったが、チームは堂々としていた。バットを短く持って食らいついたのがよかった。ただ、フライや犠打失敗があったので、オフ日に修正して次に臨みたい。

地図
  • タグ: 八重高野球
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム