八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

楽しいイベントを満喫 都市緑化月間

仮装パレードに参加した子どもたち=18日午後、バンナ公園北口広場

仮装パレードに参加した子どもたち=18日午後、バンナ公園北口広場

公園緑化祭&ハロウィーン 親子連れ約800人が参加

 10月の沖縄都市緑化月間にちなみ、マリーゴールドなどを植えつけたり、ハロウィーンに合わせて仮装パレードを楽しむイベントが18日、バンナ公園北口広場であり、親子連れなど約800人が参加した。

 都市公園愛護活動(主催・県造園建設業協会八重山支部、県八重山土木事務所)ではマリーゴールドやサルビアなどの苗150鉢をプランターに植え付けたり、公園内のチョウ園で除草作業を行ったりした。ローゼルやピパーツなどの苗木の無料配布もあった。

 「公園緑化祭&ハッピーハロウィーン」(県緑化種苗協同組合主催)では、魔女やアニメのキャラクター、動物などに扮(ふん)した子どもたち約50人が仮装パレード。植物を使ったワークショップなども子どもたちに人気だった。

 平真小3年の奥野明日香(あすか)さんは弟の博斗ちゃん(6)とかぼちゃレースに参加し、「かぼちゃを1回も落とさずに走れた」と笑顔。母親の千春さん(34)は「東京から1月に越してきたばかり。自然のなかのイベントは楽しい」と話していた。

 植物でリースとアクセサリーを作った新盛みゆさん(登野城小5年)は「作品は家の帰ったらお母さんにみせたい」、石垣有那(ありな)さん(同)は「リースは玄関に飾りたい」と、それぞれ話した。

地図
  • タグ: 都市緑化月間
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム