八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

南ぬ浜町人工ビーチ 完成は来年3月末予定

整備が進む人工ビーチ。左側の緑地にトイレやシャワー室などが建設される=15日午後、南ぬ浜町

整備が進む人工ビーチ。左側の緑地にトイレやシャワー室などが建設される=15日午後、南ぬ浜町

起工式実施、近く着工

 南ぬ浜町(石垣港新港地区)で石垣市が整備を進めている人工ビーチの緑地で15日、トイレ・シャワー室・管理棟の起工式が行われた。近く着工し、来年3月25日までに完成させる予定だ。市港湾課によると、人工ビーチは計画700㍍のうち本年度内に300㍍に砂を入れて整備し、来夏までの一部供用開始を目指す、としている。

 施設は管理棟(51・84平方㍍)と男子トイレ棟(99・56平方㍍)と女子トイレ棟(101・08平方㍍)の3棟。男女のトイレ棟にはそれぞれシャワー室(7カ所)、更衣室(コインロッカー80個)を完備する。工事費は1億1200万円。

 人工海浜地区は延長1000㍍あり、港湾課は700㍍を遊泳ゾーンとし、残りはビーチスポーツやマリンレジャーの各ゾーンを検討。緑地にはバーベキューゾーン、レクリエーションの各ゾーンの配置を想定する。駐車場は786台を計画する。

 ビーチ700㍍のうち本年度内に300㍍に砂を入れるほか、東側突堤も整備する。

 起工式で中山義隆市長は「市街地に近い人工ビーチは、市民や観光客が待望する施設。早期の一部供用開始に取り組んでいる。南ぬ浜町の大型クルーズ船バース、イベントの広場、人工ビーチは、市発展の重要な施設になると思う」と期待した。

  • タグ: 南ぬ浜町
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム