八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

竹富町教育委員会 大田氏、町内初の女性教育長に

辞令が交付された大田氏と島村氏(左から)=1日午前、竹富町長室

辞令が交付された大田氏と島村氏(左から)=1日午前、竹富町長室

委員の島村氏とともに辞令交付

 任期満了に伴う竹富町教育委員会教育長の辞令交付式が1日午前、町長室で行われ、川満栄長町長から大田綾子氏(66)=鳩間島出身=に教育長、島村賢正氏(65)=波照間島出身=に教育委員の辞令が交付された。同町で初の女性教育長で、今年4月に施行された改正地方教育行政法の首長が教育長を任命する新「教育長」制度では郡内で初めての教育長となる。

 9月30日付で退任した慶田盛安三氏の後任となった大田氏は「子どもたちが日本一輝き、持っている力を十分に発揮できるよう、教育委員会では家庭と地域が布の経糸、学校が緯糸、教育委員会が機織り機となって『教育の布』を織るために頑張ってきた。慶田盛教育長が織ってきた布に、女性教育長としての彩を入れながら、教育の布を織り続けたい」と抱負を語った。

 県立高校で生物を専門に教べんをとっていた島村氏は「自分の専門性を生かし、子どもたちが郷土の自然を愛するとともに、竹富町や日本、世界の発展に尽くせる人材になるよう育てていきたい」と述べた。

 両氏に辞令を交付した川満町長は「豊富な経験と知識を生かし、ともにスクラムを組んで、より良い地域・人づくり、町民の福祉向上、発展、日本一輝く町づくりに取り組んでいきましょう」と激励した。

  • タグ: 竹富町教育委員会
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム