八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

地域をあげて貞さんを祝福

カジマヤーのパレードで祝福を受ける宮良貞さん=20日午前、石垣市川平

カジマヤーのパレードで祝福を受ける宮良貞さん=20日午前、石垣市川平

5年ぶり 川平でカジマヤーヨイ

 数え97歳のカジマヤーを迎えた宮良貞さんの長寿を祝うパレードが20日午前、川平地区で行われ、親族約70人や地元の人たちなど総勢約200人が参加した。川平地区でカジマヤーのパレードが行われるのは5年ぶり。

 貞さんは川平出身で、1920年1月3日生まれ。旧姓は真地。夫の故・宮良政貴さんとの間に四男四女をもうけ、孫20人、ひ孫35人、玄孫2人に恵まれている。

 現在は川平で1人暮らしをしており、炊事、洗濯などをすべて自分でこなすという。健康の秘訣(ひけつ)は「何でも食べること」と笑顔で語った。

 80すぎまで畑に通っていたという貞さん。歌うことが好きで、石垣市主催のとぅばらーま大会の前身となった大会では、33歳だった1953(昭和28)年にチャンピオンに輝いている。

 パレードは川平小中学校の鼓笛隊を先頭に、親族、婦人会、老人会と続き、青年会があやかりの酒を沿道の住民に振る舞った。

 四男の宮良政順さん(61)は3カ月前からパレードの準備に当たっており、「貧しい時代を過ごしてきた母がここまで長生きしてくれた。祝ってあげたかった」と喜びを語った。

 広島県から駆け付け、貞さんが乗ったオープンカーを運転した孫の宮良政嗣さん(27)は「いつ帰ってきても僕の顔を見て喜んでくれる。(ばあちゃんは)いつも陽気でニコニコしている」と話した。小学5年まで貞さんと一緒に住んでいた孫の玉城信一さん(42)=千葉県=は「いつもばあちゃんがご飯を作ってくれた」と振り返った。

地図
  • タグ: カジマヤー
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム