八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

新川字会がウスンマヨイ

牛馬祭に参列し、手拍子で「富崎野ぬ牛なまユンタ」を歌う人たち=10日午後、新川フツクニムル

牛馬祭に参列し、手拍子で「富崎野ぬ牛なまユンタ」を歌う人たち=10日午後、新川フツクニムル

牛馬の無病息災願う

 牛や馬の無病息災を祈願する新川字会(黒島健会長)の牛馬祭(ウスンマヨイ)が10日午後、石垣市新川のフツクニムルにある牛馬之碑で行われた。字会の役員らが「口飾り(クツカザリ)」と呼ばれる口上を述べた後、全員で「富崎野(フサギヌ)ぬ牛(ウス)なまユンタ」を歌った。

 同字会によると、牛馬祭は1884年(明治17)年から続く神事で、ことしで131回目。村中の牛が病気で死んだ年に、牛馬の無病息災を祈願していた大嵩家の牛だけ生き残ったことに倣(なら)い、村全体で祈願するようになったという。

 黒島会長は「人間の祝い事には『アイナーヨイ』などヨイがつく。ウスンマヨイは、牛や馬が人間と同じように扱われてきた証」と先人たちの思いを語った。

  • タグ: 新川字会
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム