八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

蘇澳鎮訪問団が結団式 3分野で交流促進覚書交わす

姉妹都市締結20周年を記念して蘇澳鎮を訪れる石垣市交流促進訪問団の結団式=8日午後、庁議室

姉妹都市締結20周年を記念して蘇澳鎮を訪れる石垣市交流促進訪問団の結団式=8日午後、庁議室

姉妹都市締結20周年

 姉妹都市締結20周年を迎える石垣市と台湾の蘇澳鎮は23日、蘇澳鎮市役所で開かれる記念式典で、農林漁業における生産・販売の相互支援など農林水産業、教育、観光交流の3分野で交流促進を図る協力覚書を交わす。8日午後、庁議室で市交流促進訪問団結団式が行われ、覚書の内容を確認した。

 市と蘇澳鎮は1995年9月26日に姉妹都市となり、今年は20周年を記念し、蘇澳鎮で記念碑除幕式や座談会などを企画している。

 同記念事業の一環として市側からは、中山義隆市長を団長に市商工会など各種団体の代表など25人の訪問団が22日から3日間、蘇澳鎮を訪問する。蘇澳鎮側からは11月の石垣島まつりに合わせて訪問団が来島する予定となっている。

 結団式では中山市長は「両地域の友好と信頼をさらに深め、発展させていけるように交流していきたい」とあいさつ。市議会の知念辰憲議長のあいさつの後、市観光交流協会の兼島英樹副会長が「行事の取り組みだけでなく、日頃から交流できるように友好を深めていきたい」と決意を述べた。

  • タグ: 姉妹都市締結20周年蘇澳鎮訪問団
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム