八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

農水産物を売り込め プロモーション事業展開

地元出身女性アーティストを起用して作製した宣伝用ポスターの一部

地元出身女性アーティストを起用して作製した宣伝用ポスターの一部

石垣市 石垣島産のブランド力アップへ

 石垣市は、島内で生産される農水産物を県外で販売促進、販路拡大を図ろうと、本年度からプロモーション事業を展開している。市農政経済課によると、これまでに熱帯果樹のポスターやプロモーションビデオ、イメージソングを制作したほか、近く農水産物の情報提供とPRを目的としたホームページ(HP)も開設する。これらを島内外でのイベントで活用するなどして石垣島産のイメージやブランド力を高めていく考えだ。

 同事業はJAおきなわ、八重山漁協、商工会などと連携して実施するもので、市は一括交付金を活用して4年間の継続を計画する。プロモーションの対象は熱帯果樹、野菜、花卉(かき)、ハーブ、水産物、畜産物など。

 これまでにマンゴー、パイナップルをテーマに地元出身女性アーティストを起用したポスターを製作。今後は紅芋、花卉、水産物などを計画し、収穫・生産時期に合わせて活用する。

 プロモーションソングは、地元で音楽活動をする伊良皆誠さんと金城弘美さんに制作を依頼、「ヤイマヌムール」(八重山のすべて)が完成した。

 近く開設する専用のHPでは、石垣島産の農林水産物に関する情報を集約して発信する。

 販売促進、販路拡大の取り組みはすでに岡崎市で実施、今後は東京、大阪で予定している。宣伝用ツールを活用して農水産物の展示、試食、バイヤー向けのプレゼンテーション、商談会、企業回りを行う。

 市は「高単価での取引が期待できる首都圏、関西圏の高級スーパーなどでのプロモーションを通じて他の産地と本市の商品との比較検討を実施し、消費者ニーズに即した商品の掘り起こしを行う」としている。

  • タグ: プロモーション事業石垣島産
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム