八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

大浜、15度目の総合優勝 郡陸上最終日

八重山新1個、大会新3個が塗り替えられた第35回郡民体育大会・第79回郡陸上競技大会の最終日。一般男子400㍍タイムレース1組目で歯を食いしばって最後の直線を走る選手たち=6日午前、市中央運動公園陸上競技場

八重山新1個、大会新3個が塗り替えられた第35回郡民体育大会・第79回郡陸上競技大会の最終日。一般男子400㍍タイムレース1組目で歯を食いしばって最後の直線を走る選手たち=6日午前、市中央運動公園陸上競技場

男子登野城がV4 女子は平得3連覇 壮年、白保が初の栄冠

 第35回郡民体育大会・第79回郡陸上競技大会(主催・八重山郡体育協会、沖縄陸上競技協会)は6日、石垣市中央運動公園陸上競技場で最終日の36種目を行い、大浜が3年連続15度目の総合優勝を飾った。一般男子は登野城が4連覇、同女子は平得が3連覇、壮年は白保が与那国の5連覇を阻み、初制覇した。

 60代男子100㍍で石垣の入高島利之が34年ぶりに八重山記録と大会記録を0秒6上回る新記録を打ち立てた。40代女子100㍍では新谷藤乃(平得)が13年ぶりに大会記録を樹立。同男子走り高跳びで昨年35年ぶりに大会記録を更新した後間智(与那国)が今年も1㌢、大会記録を塗り替えた。

 一般男子800㍍では川満晃弘(西表)が11連覇を達成した。

 字別の結果は次の通り。

 【総合】▽①大浜(172点)②白保(137点)③登野城(134点)

 【一般男子】▽①登野城(95点)②西表(66点)③大浜(56点)

 【一般女子】 ▽①平得(62点)②大浜(53点)③白保(37点)

 【壮年】▽①白保(68点)②大浜(63点)③新川(56点)

  • タグ: 郡民陸上八重山郡体育協会
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム