八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

沖教組教育講演会 「子どもの貧困、非行の要因」

「子どもの貧困〜子どもの権利の視点から〜」の演題で講話する石井小夜子弁護士=5日夕、大川公民館

「子どもの貧困〜子どもの権利の視点から〜」の演題で講話する石井小夜子弁護士=5日夕、大川公民館

石井氏が指摘

 沖教組八重山支部主催の教育講演会が5日夕、大川公民館であり、弁護士の石井小夜子さんが「子どもの貧困〜子どもの権利の視点から〜」の演題で講話した。

 石井さんはホームレスの少年が罪を犯したことなどさまざまな事例を紹介し、「貧困と少年犯罪が結びつくことは実際にある。特に虐待を受けている子どもが非行や問題行動を起こすことは多い」と指摘。

 教育施策については義務教育の完全無償化や大学などの高等教育段階での給付型奨学金制度の実現などを課題とし、「教育による貧困の連鎖をストップさせることが大切」と強調した。さらに「福祉と学校の連携も重要。教諭は貧困は社会全体の問題であり、何も恥ずかしくないということを子どもたちに分かるように伝えてほしい」などと呼びかけた。

  • タグ: 沖教組八重山支部
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    関連するニュース

    • 関連するニュースはありません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム