八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

見物人と珍問答

仏壇に手を合わせた後、踊りをみせるウシュマイ(右)とンミー=26日夜、石垣市平得の与那国和子さん宅

仏壇に手を合わせた後、踊りをみせるウシュマイ(右)とンミー=26日夜、石垣市平得の与那国和子さん宅

旧盆アンガマ始まる

 旧盆入りした26日、あの世からやってきたウシュマイ(翁)とンミー(媼)がファーマー(子や孫)を引き連れて招かれた家々を回る伝統行事アンガマが始まった。28日までの3日間行われる。

 石垣市平得の与那国和子さん(86)宅には同日午後7時半ごろ、平得青年会(田盛芳会長)の一行が訪れた。ウシュマイとンミーが仏壇に手を合わせ、「与那国家にいつもいいことがありますように」と方言で願うと、ファーマーが「うーとーとぅー」と声を合わせた。

 この後、ファーマーが元気よく次々と踊りを披露し、合間にウシュマイとンミーが裏声で見物人と珍問答。「台風15号の被害はあったか」の質問に「あの世は天国なので台風も地震も津波もない。快適に過ごせる」と応え、笑いを誘った。

 与那国さんは「主人も父母もにぎやかなことが好きだったので、あの世でも喜んでいると思う」と笑顔で話した。

  • タグ: 旧盆
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム