八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

台湾チームと交流試合 ロッテ・石垣市が招待

千葉ロッテマリーンズと台湾のプロ野球チーム「ラミゴ・モンキーズ」の国際交流試合の開催を発表する千葉ロッテの山室晋也球団社長、市観光大使の夏川りみさん、台湾のプロ野球団体「中華職棒大聯盟」の呉志揚会長、ラミゴの劉●廷球団代表(後列右から)、前列はラミガールズ=24日午後、台北市内のLamigo信義会館(石垣市提供)

千葉ロッテマリーンズと台湾のプロ野球チーム「ラミゴ・モンキーズ」の国際交流試合の開催を発表する千葉ロッテの山室晋也球団社長、市観光大使の夏川りみさん、台湾のプロ野球団体「中華職棒大聯盟」の呉志揚会長、ラミゴの劉●廷球団代表(後列右から)、前列はラミガールズ=24日午後、台北市内のLamigo信義会館(石垣市提供)

来春キャンプ中に 「アジアの懸け橋に」

 石垣市と千葉ロッテマリーンズ(山室晋也球団社長)は、2016年の春季キャンプ期間中の2月13、14の両日、台湾のプロ野球チーム「ラミゴ・モンキーズ」を招き、市中央運動公園野球場で国際交流試合を開催すると発表した。石垣市、ロッテ、ラミゴの3者が24日午後、台北市内のLamigo信義会館で会見して発表した。試合は石垣市主催で「アジアゲートウェイ交流戦パワーシリーズ2016in石垣島」と銘打って行う。

 両チームは14年に日台交流試合として台湾桃園県で対戦するなど交流がある。

 市は、利用の落ち込む石垣−台湾路線の冬場に野球観戦を新たな事業として立ち上げ、需要を喚起し、通年運航の安定化につなげたい考え。

 中山義隆市長は「一年を通じて石垣−台湾路線がつながることを目指している。この交流戦がアジアの懸け橋となり、多くの観光客が石垣島に訪れることを期待する」とコメント。

 山室社長は「昨年の台湾での交流戦は盛り上がった。オープン戦を前にしたチームにいい実践の舞台になる。ファンにとっても見応えのある試合になると思う」と述べた。

 ラミゴの劉●廷球団代表は「ラミゴのホーム球場で人気を博している特色をすべて石垣島に持ち込み、日台のファンに勝負を超えた感動を味わってもらいたい」と呼びかけた。

 会見には両球団代表のほか、石垣市観光大使の夏川りみさん、市長代理として石垣市の小笹俊太郎台北駐在員が同席した。

  • タグ: ラミゴ・モンキーズ台湾プロ野球
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム