八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

災害時のガス供給に向け協定 今後は竹富・与那国とも 

「災害時におけるLPガス等の供給協力に関する協定」を締結した石垣市の中山義隆市長と県高圧ガス保安協会LPガス部会八重山支部の仲野英伸支部長(右から3番目)=19日午後、市役所庁議室

「災害時におけるLPガス等の供給協力に関する協定」を締結した石垣市の中山義隆市長と県高圧ガス保安協会LPガス部会八重山支部の仲野英伸支部長(右から3番目)=19日午後、市役所庁議室

県内10番目、郡内で初 市とLPガス部会八重山

 石垣市は19日、県高圧ガス保安協会LPガス部会八重山支部(仲野英伸支部長)と「災害時におけるLPガス等の供給協力に関する協定」を締結した。同協定により地震や津波、風水害など大規模災害が発生した場合、同支部加盟の市内5事業所が復旧支援に向けて発電機や炊飯器などのLPガス設備を避難所・災害拠点施設に設置する。

 同協定は災害発生時、被災した市民に対する迅速・適切な支援活動を行うことが目的。協定締結は県内10番目、郡内では初めて。

 同支部によると、市内5事業所ではそれぞれ、LPガス発電機を1台、炊飯器を2台保管している。竹富町内にも5事業所、与那国町内にも1事業所あるため、両町との協定締結に向けても協議していく。

 締結式は19日午後、市役所庁議室であり、中山市長は「大規模災害の被害が発生した場合、迅速にLPガス設備を提供していただくことは災害時における応急的な普及に大きな役割を果たす。協定に感謝している」と礼を述べた。

 仲野支部長は「災害時の復旧に協力していくことは当然のことだが、取り決めがなければスムーズに動けないことも考えられるため、今回の協定で地域社会に貢献できるように取り組みたい」と述べた。

  • タグ: 高圧ガス保安協会LPガス部会八重山支部災害時ガス供給
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    関連するニュース

    • 関連するニュースはありません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム