八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

新城氏の作品2点を寄贈 博物館に絵画展実行委

八重山博物館に寄贈された新城剛さんの作品「ニライカナイ」(左)と「祓」。前列右は新城知子さん=19日午後、同館

八重山博物館に寄贈された新城剛さんの作品「ニライカナイ」(左)と「祓」。前列右は新城知子さん=19日午後、同館

 7月2日から4日間、石垣市民会館中ホールを主会場に「新城剛絵画展」を開いた実行委員会(石垣博孝委員長)のメンバーと新城さんの妻、知子さんが19日午後、八重山博物館を訪れ、新城さんの作品「ニライカナイ」(100号、1980年10月作)と「祓(はらい)」(同、制作年不詳)を寄贈した。同館では「企画展などを検討し、鑑賞できる機会をつくれればと思う」として公開を検討していく。

 「ニライカナイ」は実行委が同展への寄付余剰金で新城家から買い上げたもの。同展の開催記念として、新城家の「祓」とともに同館に贈られた。

 東迎正則館長によると、剛さんは1973年から18年間、同館で学芸員として勤務しており、「剛さんが元の職場に戻ってきたようで感無量。この絵を剛さんの分身と思って大切にしたい」と感謝した。

 知子さんは「本人(剛さん)がとても喜んでいると思う。1人でも多くの人の目に触れる機会があればうれしい」と述べた。

 実行委は八重山の児童生徒の文化活動に生かしてもらおうと、八重高美術部と八商工文芸部、八重農郷土芸能部、新城夫妻の母校の石垣中には金一封を贈った。

地図
  • タグ: 新城剛絵画展八重山博物館
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム