八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

第一航空、12月1日就航

石垣波照間など2路線 運賃低減も検討へ

 【那覇】第5回石垣拠点航空路開設検討協議会(会長・謝花喜一郎県企画部長)が18日午後、県庁で開かれ、第一航空の石垣−波照間、石垣−多良間の2路線の就航を12月1日と決めた。当初、10月の予定だったが台風などの影響により、運航乗務員の訓練が遅れていることから、時期が見直された。両路線の飛行時間は25分で1日2往復の運航ダイヤも決定。運賃については地元から当初予定の金額より低減を求める声があり、引き続き検討することになった。

 石垣−波照間路線の運航ダイヤは、離島を結ぶ高速船との乗り継ぎなど利便性を考慮して設定された。第1便が石垣発午前10時25分、波照間着同10時55分。波照間発午前11時35分、石垣着正午。第2便は石垣発午後3時55分、波照間着同4時20分、波照間発午後5時5分、石垣着同5時30分となっている。

 運賃は当初、離島住民が沖縄離島住民等交通コスト負担軽減事業を適用して片道4400円、観光客は同7300円を予定していたが、需要の喚起策などから低減に向けて検討する。

 運航に伴い、路線が赤字になった場合は当分の間、県と竹富町、多良間村で折半することになった。

 両路線は大阪府に本社がある第一航空が国75%、県25%の補助を受けて購入したカナダ製のDHC−6−400ツインオッター(19人乗り)2機で運航。機材は3月までに納入され、運航乗務員による路線の飛行訓練が行われている。 路線就航で同社は、波照間空港でのチェックインや保安検査、手荷物積載などの旅客ハンドリング業務も行う。

 石垣−多良間路線の運航ダイヤは次の通り。

 ▽石垣発午前8時15分、多良間着同8時40分▽多良間発午前9時10分、石垣着同9時35分▽石垣発午後1時45分、多良間着同2時10分▽多良間発午後2時40分、石垣着同3時5分。

  • タグ: 波照間路線
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム