八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

「潜水病の治療装置を」

県病院事業局の伊江朝次局長に新県立八重山病院に高気圧酸素治療装置の導入を要請する八重山市町会会長の中山義隆石垣市長ら(左から2人目)=18日午後、県庁

県病院事業局の伊江朝次局長に新県立八重山病院に高気圧酸素治療装置の導入を要請する八重山市町会会長の中山義隆石垣市長ら(左から2人目)=18日午後、県庁

新八重山病院 市町会が県に要請

 【那覇】八重山市町会(会長・中山義隆石垣市長)と八重山広域市町村圏事務組合(仲嶺忠師議長)は18日午後、県に対し新県立八重山病院に潜水病治療のための高気圧酸素治療装置の導入など3項目を要請した。

 要請で中山市長は「石垣市で買って下さいとなると県立病院か、市立病院か分からなくなる。県の枠の一括交付金から購入できないか」と求めた。

 対応した病院事業局の伊江朝次局長は「何とかしなければと思っている。運営の人的なものもあるので地域の皆さんと協力ができないか。それぞれの立場でできることをやりたい」と述べた。

 伊江局長は八重山地域の医療について「地域でどう支えるのか。連絡協議会みたいなものを立ち上げて、現状と中長期的な問題を含めた議論ができるようにしてはどうか」との考えも示した。

 八重山病院の紙カルテ保管庫設置は、病院の問題として取り組むとした。未来の地域(離島)医療従事者への奨学金支援制度創設には、琉球大学医学部の離島・北部枠の支援などがあることを説明。本年度は3人の枠に対し、2人(八重山高校出身)が合格したことについて、伊江局長は「定員枠が満たせるよう学力向上など環境整備をお願いしたい」と求めた。

 市町村事務組合は、公共工事の入札不調・不落を防ぐ措置を求める要請も行った。

  • タグ: 新県立八重山病院
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム