八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

市立図書館 きょう「夕涼み移動図書館」

川平公民館で行われた移動図書館で、本に親しむ地域住民ら=5日午後、同館(市立図書館提供)

川平公民館で行われた移動図書館で、本に親しむ地域住民ら=5日午後、同館(市立図書館提供)

夕涼み移動図書館をPRする市立図書館の職員=12日午後、同館

伊原間公民館で初開催

 石垣市立図書館(野底由紀子館長)は毎月第1、3水曜日に川平公民館と伊原間公民館で行っている移動図書館をPRしようと、15日午後6時から、伊原間公民館で初めての「夕涼み移動図書館」を開く。野底館長は「ぜひ多くの方に来ていただき、移動図書館の存在を知ってもらいたい」と呼びかけている。

 移動図書館は、第1水曜日に川平公民館、第3水曜日に伊原間公民館でいずれも午後2時から4時までの2時間行っている。

 同館によると、子どもたちの授業終了時間が他の曜日に比べて早く、地域住民に加えて子どもたちにも利用しやすい曜日として水曜日に実施。実用書や児童書、一般書、雑誌など約500冊を職員が運び入れて展示しており、1人当たり本10冊、雑誌は5冊まで借りられる。

 移動図書館は2013年度から行っており、ことしで3年目。利用実績は13年度が利用者52人で貸出冊数は318冊、14年度は54人で370冊、15年度は4月から7月までの3カ月間で20人、131冊となっている。

 初年度に比べて2年目は利用者、貸出冊数ともに増えているが、同館は利用者100人、貸出冊数1000冊を目標に掲げており、届いていないのが現状。

 野底館長は「たくさんの本を準備して持っていっても利用者が少なく、なかなか増えない。移動図書館のことをまずは知ってもらいたい」と、夕涼み移動図書館を開催するに至った経緯を語り、「ことし3月に始まった北西部の学校返却サービスも、要望があった割には利用されていない。併せて周知したい」と話している。

 夕涼み会では図書の貸し出しのほかに絵本の読み聞かせや紙芝居、アニメ上映会を予定しており、同館は「家族で本に触れ、親しむ機会になれば。ぜひ多くの市民に来てほしい」と呼びかけている。

  • タグ: 石垣市立図書館移動図書館
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム