八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

ふれあい交流会終了へ 「八重盛48の会」

そばや踊りで岩手県宮古市近内地区の住民と交流した「第4回ふれあい交流会」=2014年11月19日(八重盛48の会提供)

そばや踊りで岩手県宮古市近内地区の住民と交流した「第4回ふれあい交流会」=2014年11月19日(八重盛48の会提供)

 「八重盛48の会」(前大舛良彦会長)が2011年から仮設住宅に住む東日本大震災の被災者との間で実施してきたふれあい交流会は、来月20日の第5回交流会で終了することになった。仮設住宅住民の災害復興公営住宅への転居が本格的に進んでいることを受けたもの。

 同会は八重山高校PTAとOB有志で組織。同交流会では炊き出し支援などを通して岩手県宮古市の住民らと交流してきた。

 前大舛会長は「5年目の節目の年に当初の目標も達成できた。会としての交流会は終了するが、今後は有志たちの活動として続けていきたい」、本村浩司事務局長は「協賛企業が年々増えている。最後の交流会も多くの企業に協賛いただきたい」と呼びかけた。問い合わせは事務局(090−4515−6763、本村さん)。

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

ページ移動

キーワード検索フォーム