八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

台風13号 農作物中心に被害2億円 キビ最多で8436万円

台風13号の暴風で倒伏したサトウキビ。折損被害は少なかったという=10日午前、於茂登岳ふもとのサトウキビ畑

台風13号の暴風で倒伏したサトウキビ。折損被害は少なかったという=10日午前、於茂登岳ふもとのサトウキビ畑

石垣市・竹富町、果樹など大事に至らず

 7日から8日にかけて八重山地方を襲った大型で強い台風13号の影響で、石垣市と竹富町では農作物を中心に計2億円余(速報値)の被害が出ていることが、両市町の10日までの調査で確認された。与那国町ではまだまとまっていない。両市町によると、農作物被害は主にサトウキビの倒伏だが、折損が少ないため、今後、回復が期待できるという。パインやマンゴーは収穫を終えたか、収穫終了間近の時期だったため、大きな被害は出ず、関係者は「台風の大きさの割には被害が少なかった」と胸をなで下ろした。

 石垣市によると、被害総額は1億3732万円。このうち農林水産関係では農作物で1億1816万円の被害。サトウキビの8436万円が最も大きく、果樹(パイン)で2094万円、野菜(オクラなど)で1192万円、花卉(かき)で138万円の被害を受けた。

 畜産被害は1050万円で、牛舎55カ所でトタン屋根が破損。水産は380万円で八島町の魚類養殖場の転落防止柵の一部、種苗供給施設の取水口などが壊れた。

 竹富町によると、被害総額は6445万円。うち農作物は6311万円で、サトウキビ4081万円、パイン1224万円、マンゴー600万円、水稲376万円だった。パインでは植え付けた苗、マンゴーではビニールハウスに被害があった。

 両町によると、被害の大きかったサトウキビは一方向に横倒しとなったが、茎が折れる折損被害は少なかったという。

  • タグ: 台風13号農作物被害
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム