八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

「ドゥンタと似ている」台湾原住民の音楽テーマに講演

官元瑜氏(右側こちら向き)が映像を使いながら台湾の原住民について解説した講演会=7月30日、町複合型施設

官元瑜氏(右側こちら向き)が映像を使いながら台湾の原住民について解説した講演会=7月30日、町複合型施設

与那国

 【与那国】台湾原住民の音楽をテーマにした講演(町教育委員会主催)が7月30日夕、町複合型施設で開かれ、先島諸島の人々と台湾東部の原住民との音楽におけるつながりをテーマに研究を進めているハワイ大学講師の官元瑜(クヮン・ユエンユ)氏が講演した。

 官氏は台湾の原住民、ブヌン族が豊作祈願で行う踊りを写真で紹介し、来場していた80代男性が「与那国島のドゥンタ(巻き踊り)と似ている」と指摘するなど、踊りや音楽をめぐる共通点について関心を呼んでいた。

 会場には町民ら約30人が詰めかけ、台湾の原住民の分布や、鼻に当てて奏でるルカイ族の「鼻笛」の説明などに聞き入った。(田頭政英通信員)

  • タグ: ドゥンタ
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    関連するニュース

    • 関連するニュースはありません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム