八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

暴風雨の中、「稲の一生」 白保の豊年祭決行

暴風のため、旗頭の灯籠部分だけを持つ若者たち。これを囲んでガーリーをした=7日午後、飾場御嶽前

暴風のため、旗頭の灯籠部分だけを持つ若者たち。これを囲んでガーリーをした=7日午後、飾場御嶽前

ミルク加那志の行列も

 白保地区の豊年祭は7日午後、暴風雨の中、飾場(カツァリバ)御嶽前で行われた。五つの実行組合が悪天候にも負けず、笑顔を振りまきながら白保ならではの「稲の一生」を奉納した。台風接近のため、白保小学校の鼓笛隊、白保中学校の校歌ダンス、老人クラブの白保節、大綱引きは取りやめたが、残りの演目はすべて行った。

 旗頭、中学生男子によるイルク太鼓を奉納して幕開け。前盛均館長はあいさつで「自然の前に人間は無力だが、一人一人の力を結集すれば大きなパワーとなる」と呼びかけた。 金嶺隆吉家によるミルク加那志の行列に続き、各実行組合が種まきから苗植え、草取り、稲刈り、脱穀、米俵運搬、米俵奉納、害虫駆除など農作業の過程をおもしろおかしく表現した。

 時折、雨を伴って突風が吹いたが、演者は大地にしっかりと踏みとどまって演目を披露。沿道から盛んな拍手が送られた。

 ビギリ(兄弟)からブナリ(姉妹)に五穀の種子を献上する儀式が行われた後、ガーリーで盛り上がり、万歳三唱で締めくくった。

 前盛館長は「さすが白保。白保の素晴らしさをあらためて感じた」と感極まった様子で話した。

 豊年祭には中山義隆市長らも訪れた。

  • タグ: 白保豊年祭
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    関連するニュース

    ページ移動

    キーワード検索フォーム