八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

滞納額は1億6800万円

前年度から12.8%増加

2014年度租税

 

 沖縄国税事務所は6日、2014年度租税滞納状況を発表した。石垣税務署管内で新たに発生した滞納額は1億6800万円で前年度に比べて12.8%増加し、次期繰越額となる滞納残高は同2.7%減の1億4300万円となった。

 前期(13年度)から繰り越した滞納整理額は1億4700万円で同21.4%減少しており、14年度中の整理済み額は1億7100万円で同9.5%減少している。

 県内全域では、滞納残高は83億5000万円で同6.3%減少し、ピークだった1995年の28.2%まで減少。新規滞納額は54億2700万円で同0.7%増となったが、滞納発生割合は1.9%で同事務所発足以来、最も低い割合となった。

 滞納整理額は89億1000万円で同11.0%増、整理済み額は59億8700万円で同7.8%減少した。

  • タグ: 沖縄国税事務所
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    関連するニュース

    • 関連するニュースはありません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム