八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

四カ字豊年祭

「はい、はい、はい」と息を合わせて綱かきを行う人たち=3日午後、真乙姥御嶽

「はい、はい、はい」と息を合わせて綱かきを行う人たち=3日午後、真乙姥御嶽

ムラプールに向け「綱かき」 掛け声合わせ作業に汗

 6日の四カ字豊年祭ムラプールで使用する大綱をつくる「綱かき」が3日、真乙姥(まいつば)御嶽で始まった。この日で約100㍍の小綱を8本つくり、4日に大綱に仕上げる「綱まかし」を行う。

 ことしは5町内会(入嵩西清和会長)が綱かきを行うことになり、住民らが樹木の枝に綱をかけ、「はい、はい、はい」という掛け声に合わせて稲ワラをねじり合わせた。

 入嵩西会長によると、大綱に使うワラは水田60㌃分。4日の作業では、小綱4本をひとつにして雄綱、雌綱に仕上げる。

 入嵩西会長は「綱引きで一番大事なのは女性だけのアヒャー綱。明日までには例年通り、きれいな綱をつくって収めたい」と話した。

 四カ字の豊年祭は5日に各御嶽でオンプール、6日に真乙姥御獄でムラプールが行われる。

  • タグ: 四カ字豊年祭ムラプール真乙姥御嶽
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    関連するニュース

    ページ移動

    キーワード検索フォーム