八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

還付金詐欺にご用心 注意喚起のチラシ配布

チラシを配り還付金詐欺に注意を呼びかける八重山署の署員=24日午後、市内スーパー

チラシを配り還付金詐欺に注意を呼びかける八重山署の署員=24日午後、市内スーパー

郡内でも未遂1件 八重山署

 7月に入り、「医療費の払い戻しがあります」などと持ち掛ける還付金詐欺が県内で多発し、22日には竹富町でも80代の女性が被害に遭いそうになる未遂事件が1件発生したことを受け、八重山署(前田達史署長)と市内金融機関などは24日午後、市内スーパーで注意喚起のチラシを配布した。

 22日の未遂事件では、竹富町の80代女性の携帯電話に男から「銀行の者ですが、あなたに払い戻しがあります。すぐに郵便局のATMに行って手続きをしてください」と連絡があったという。

 女性は不審に思いながらも、キャッシュカードを持って郵便局へ行き、郵便局員に事情を話している時に電話が鳴ったため、局員が出たところ無言で切れたという。

 県内で発生した還付金詐欺は7月だけで40件で、被害金額は合計約1000万円に上る。被害者はいずれも70~80代の高齢者。このうち、宮古では4件発生しており、同署では「次は八重山でも起こるのではないか」と警戒を強めている。

 同署生活安全課の城間建安全なまちづくり推進係長は「ATMで還付金が払い戻されることは絶対にない。手口を知っていれば防げる」と話す。

 チラシ配布に参加した沖縄銀行八重山支店の下地祥平さんは「還付金詐欺の多発を受け、高齢者には特に目配りしている」と話した。前田署長は「こういう(還付金詐欺と考えられる)電話があったら必ず誰かに相談、確認すること。相手は急かしてくるので慌てないことが大事」と述べた。

  • タグ: 還付金詐欺八重山署
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム