八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

川平湾に昔の景観戻る 台風9号でグラスボート避難

台風9号の接近でグラスボートが陸揚げされ、昔ながらの景観が戻った川平湾=9日午前

台風9号の接近でグラスボートが陸揚げされ、昔ながらの景観が戻った川平湾=9日午前

 グラスボートが常に往来している石垣市の川平湾は9日、台風9号の影響を避けるため、観光事業者がボートを係留・陸揚げしたことで、ボートが一隻もない昔ながらの川平湾の風景が見られた。

 川平湾は日本百景の一つで、ミシュランガイド三つ星の評価を受けており、郡内でも人気の高い観光スポット。

 景勝地としてグラスボートを使った観光の中心地となっているが、展望台からの景観には常にボートが映っているため、係留施設の整備を求める地元の声も根強い。

 川平マリンサービスの高嶺良晴社長は「係留場所がないため、昔からボートは湾内の奥の方に突っ込んで周囲の木に係留している」と話した。

 また、川平湾は潮の流れが複雑で遊泳危険区域のため、通常はグラスボート事業者が遊泳する観光客に注意を促すが、この日は事業者がいないため湾内で泳ぐ観光客の姿もあった。

地図
  • タグ: 川平湾台風9号
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム