八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

「平成の五勇士」盛大に歓迎

バニのこぎ手と、出迎えた伊原間の住民ら=5日午前、伊原間公民館敷地内の久松五勇士顕彰碑前

バニのこぎ手と、出迎えた伊原間の住民ら=5日午前、伊原間公民館敷地内の久松五勇士顕彰碑前

天候悪化で漕破断念 よく頑張ったとエール

 久松五勇士110周年記念事業として、石垣島伊原間海岸まで100㌔余の航海を再現しようと、帆付きサバニに乗り込んで4日正午前に久松漁港を出港した久松青年会の下地雅也会長(28)ら「平成の五勇士」の5人は5日午前4時半ごろ、天候悪化のため漕破を断念、同日午前8時ごろ、伴走船で伊野田漁港に到着した。出迎えの人たちが待つ伊原間公民館に移動し、盛大な歓迎を受けた。

 記念事業期成会(粟国恒広会長)によると、サバニは平久保灯台の明かりが見えるところまで進んだが、波が高まるなどしたため危険と判断。5人が伴走船に乗り移った後、サバニは転覆した。

 5人は4月から練習を重ねて本番に臨んだが、「久松から伊原間までたどり着くことは難しい。110年前の五勇士は偉大。決死の覚悟だったのだろう」(下地会長)と危険を伴う任務だったことを実感した様子。

 伊原間公民館(多宇司館長)は実行委員会(根間建有会長)を結成して対応。八重山在宮古郷友会(松原英男会長)の会員や中山義隆市長らも加わって盛大に出迎え、「よく頑張った」とねぎらった。

 粟国会長は「5人は命がけでこいだ。宮古島市長からのメッセージは次の機会に渡したい。今後も伊原間との交流を深めたい」とあいさつした。

  • タグ: 久松五勇士110周年記念事業久松青年会
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    関連するニュース

    • 関連するニュースはありません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム