八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

名蔵ダム 節目のダムまつり盛況

のんびりとカヌーを体験する親子ら=5日午前、名蔵ダム

のんびりとカヌーを体験する親子ら=5日午前、名蔵ダム

多彩な催しでにぎわい

 「太陽の恵み 世果報水 我島美しゃ 結い心」をテーマに「石垣島ダムまつり」(同実行委員会主催)が5日、名蔵ダムで開かれた。湖面や堤体を利用し、カヌー体験をはじめ吹奏楽やバンド演奏など多彩な催しがあり、会場は大勢の家族連れでにぎわった。

 農業用ダムの多面的機能のPRなどを目的に2006年から毎年開かれ、今回で10回目。

 石垣島土地改良区理事長で実行委員長の中山義隆市長ら5人が、島内五つのダムから取水した水を一つのたるに注ぎ入れ、ダムの安全を祈願。中山市長は「湖面や堤体でさまざまなイベントが行われる。家族や友人、親子などで楽しんでダムの役割に関心を持ってほしい」とあいさつした。

 湖面では、親子連れがのんびりとカヌーを体験したり、子どもたちがバナナボートでスピードとスリルを味わったりした。ウエイクボードコンテストでは参加者がダイナミックな技を競った。

 バナナボートを体験した鈴木一真君(大浜中1年)は「速くて、メチャ楽しかった」と話した。

 堤体では、子どもエイサーや石垣クラウン・イーグルスの演奏、バンド演奏などのほか、ダムのパネル展やダム周辺の生き物展示、消防放水体験などがあった。

  • タグ: 石垣島ダムまつり名蔵ダム
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム