八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

大物狙うぞ! カジキの島に115人集う

日本最西端与那国島国際カジキ釣り大会で選手宣誓をする植手章さん=3日午後、久部良漁港特設会場

日本最西端与那国島国際カジキ釣り大会で選手宣誓をする植手章さん=3日午後、久部良漁港特設会場

与那国町 国際釣り大会開幕

 【与那国】「黒潮にいどめ!その手でつかめ!でっかいカジキ!」をキャッチフレーズに、第26回日本最西端与那国島国際カジキ釣り大会(町主催)が3日午後、久部良漁港を主会場に開幕した。カジキトローリング競技に32チーム106人、磯釣り競技に9人の計115人が参加し、4、5の2日間、大物を狙う。同漁港の特設会場には出店が並び、大会ムードが高まっている。

 開会式は3日午後7時から同漁港特設会場で行われ、大会実行委員長の外間守吉町長が「たくさんのアングラーの参加があってこそ、与那国最大のイベントが開催できる」と述べ、釣果が4本にとどまった昨年の大会を念頭に「釣れなかった翌年は釣れているので、今年は期待したい」とあいさつした。

 参加者を代表して、昨年準優勝の植手章さん(46)=愛知県=が「与那国の海を精いっぱい満喫し、正々堂々、安全に競技する」と選手宣誓をした。

 台湾B組の船長を務める大宜見浩利さんは「2日の昼で海水温が30・5度あった。あすは海水温が低い早朝の時間帯が勝負になる」と話した。

 カジキトローリング競技は午前7時にスタートし、4日は午後5時まで、5日は午後4時まで。磯釣りは両日とも午前9時から午後3時まで。

 トローリング競技では2日間で釣ったカジキの合計重量で競うトローリング賞と最も重いカジキを釣り上げた参加者に贈る大物賞、磯釣り競技では釣った魚の合計重量を競う磯釣り賞がある。

  • タグ: カジキ釣り大会与那国島
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム