八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

市役所通り11万円 路線価4.8%増 

7年ぶりに上昇し、石垣税務署管内で最高路線価となった市役所通り=1日午後、石垣市大川

7年ぶりに上昇し、石垣税務署管内で最高路線価となった市役所通り=1日午後、石垣市大川

7年ぶりに上昇

 【那覇】沖縄国税事務所は1日、相続税や贈与税の算定基準となる2015年1月1日現在の県内路線価(1平方㍍当たり)を公表した。石垣税務署管内の最高路線価は石垣市大川の市役所通りで前年比4.8%増の11万円で、08年以来7年ぶりに上昇した。

 管内の路線価は、市役所通りが最高路線価の18万円となった1999年から下落し、07年と08年に上昇に転じたが09年は横ばい。10年と11年に再び下落して11万円となり、12年は横ばいを維持したものの13年に下落に転じた。

 県内の最高路線価は14年連続で、那覇市久茂地3丁目(国際通り)のみずほ銀行那覇支店前で、前年比3.4%増の60万円だった。県内6税務署のうち那覇、北那覇、石垣で前年より上昇し、名護、沖縄は横ばい、宮古は下落した。

 県内の各税務署ごとの最高路線価は、北那覇が那覇中環状線の34万円(前年比3.1%増)、沖縄が北谷町の町道美浜1号線11万5000円、名護は名護バイパスで6万3000円といずれも横ばい。宮古は西里大通り6万7000円(1.5%減)で下落した。

 沖縄都市モノレール駅前の路線価で最も高かったのは、旭橋駅前の29万円(2.3%増)。全15駅のうち壺川、旭町、県庁前、美栄橋、牧志、安里。古島、首里が上昇。那覇空港、赤嶺、小禄、奥武山公園、おもろまち、県立病院前、儀保駅が横ばいとなり、下落した駅前はなかった。

  • タグ: 路線価
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム