八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

県産品の愛用を 奨励月間スタート

島の特産品の詰め合わせなどを買い物客や観光客に配布し、県産品愛用を呼びかけるミス八重山星の砂の大底いろはさん(左)=1日午後、ユーグレナモール

島の特産品の詰め合わせなどを買い物客や観光客に配布し、県産品愛用を呼びかけるミス八重山星の砂の大底いろはさん(左)=1日午後、ユーグレナモール

ミス八重山ら街頭宣伝

 7月の「2015県産品奨励月間」にちなむ街頭キャンペーンが1日午後、ユーグレナモールで行われ、ミス八重山星の砂の大底いろはさんらがオリオンビールやさんぴん茶、郡内酒造所の泡盛ミニボトルなどの詰め合わせ200袋を買い物客などに配布し、県産品の消費拡大を呼びかけた。

 今年は「あ、いいね! 使って納得 県産品」がテーマ。街頭キャンペーンには県や石垣市、市商工会など関係団体の職員が参加。

 セレモニーで県八重山事務所の武田智所長は「特産品を地元の人が愛用し、観光客にも購入してもらうことで、需要の拡大や雇用の促進につながる」とあいさつ。

 中山義隆市長は「地場産業の活性化や雇用創出のためにも、地元企業への優先発注、県産品の優先使用を積極的に推進していきたい」と述べた。

  • タグ: 県産品奨励月間
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    関連するニュース

    • 関連するニュースはありません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム