八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

石垣島フィルムオフィス 市観光交流協会へ業務移管

フィルムオフィスの業務移管で市観光交流協会事務局に看板を掲げる市観光文化スポーツ局の大得英信局長と高嶺良晴会長、浦崎肇副会長(右から)=29日午後、同協会事務局

フィルムオフィスの業務移管で市観光交流協会事務局に看板を掲げる市観光文化スポーツ局の大得英信局長と高嶺良晴会長、浦崎肇副会長(右から)=29日午後、同協会事務局

今年は5件の映画撮影も 八重山の魅力PRへ

 映画やドラマ、バラエティー番組などのロケ撮影を受け入れる石垣市の「石垣島フィルムオフィス」が29日、事務局の市観光文化スポーツ局観光文化課から石垣市観光交流協会(高嶺良晴会長)へ業務移管された。高嶺会長は同日午後、石垣市観光交流協会事務局で記者会見し、「映画や番組ロケを通して八重山の魅力をPRしたい。メディアを受け入れる交通整理に取り掛かりたい」と意気込んだ。

 同協会は4月からフィルムオフィスの業務を開始。29日までにバラエティー番組やアーティストのイメージビデオ、映画の撮影など5件が決定している。

 本年度は、これまで撮影した映画などのロケ地を紹介した「ロケ地マップ」の作成や映画エキストラの確保、島内での撮影手続きや申請業務などを行うほか、沖縄観光コンベンションビューローの沖縄フィルムオフィスと連携して国内外でのプロモーション活動を計画。予算は50万円。

 大得英信局長は「フィルムオフィスの移管は市観光交流協会が適材。民間のノウハウを生かして活用してほしい。行政も支援する」と話している。

  • タグ: 石垣島フィルムオフィス石垣市観光交流協会
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム