八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

コスモスの花摘みに歓声

コスモス(手前)とヒマワリの花摘みを楽しむ人たち=28日午前、国際農林水産業研究センター熱帯・島嶼研究拠点

コスモス(手前)とヒマワリの花摘みを楽しむ人たち=28日午前、国際農林水産業研究センター熱帯・島嶼研究拠点

大勢の親子連れ

恒例の熱研一般公開

 

 国際農林水産業研究センター熱帯・島嶼研究拠点(末永一博所長)は28日、第10回熱研一般公開を行った。大勢の親子連れらが訪れ、スタンプラリーを楽しみながら、世界の食料・農業・環境問題の解決を目指して取り組んでいる熱研の研究に触れた。

 施設内には日本・世界のサトウキビ品種の展示、稲で見る遺伝子の効果、熱帯果樹ハウスの見学、エンサイによる水質浄化水路の見学、マメ科作物の展示、農作業機の展示などのコーナーが設けられた。

 このほかクイズ大会、スタンプラリー、パイナップル、黒糖の試食、ひまわり、コスモスの花摘みも。かき氷、ぜんざいが無料で提供され、暑さしのぎにと喜ばれた。

 母親の和歌奈さんと来場した山田太智君(新川小学校4年)は「稲のDNAを取り出すのがおもしろかった。こんな施設があるとは思わなかった」と感想、和歌奈さんは「こんなところがあったなんでびっくり。おもしろかった。一般公開は非常に良いこと。もっと知れ渡ってほしい」と話した。

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム