八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

科学って面白い!

空気砲の実験に興味津々の様子で見入る石垣市子どもセンターの子どもたち=27日午後、同センター

空気砲の実験に興味津々の様子で見入る石垣市子どもセンターの子どもたち=27日午後、同センター

初開催のワークショップ 市子どもセンター

 石垣市子どもセンター(運道徹館長)は27日午後、同センターで公益財団法人沖縄こどもの国の職員らを招いたワークショップを行い、親子約80人が空気の実験やホーバークラフト作りを通して科学の面白さを体感した。

 今年から始まった同法人の子供科学人材育成事業(児童プロジェクト)の一環。子どもたちの科学に対する興味を高めるほか、指導者の育成も行うのが狙いで、県内での開催は同センターが初めて。

 同法人こども未来課の宮里優子教育普及員らが講師を務め、子どもたちがたくさん入れる黒くて大きいビニール袋で作られたエアドームや、空気砲を用いた実験を行った。

 エアドームで子どもたちは、体温と二酸化炭素で空気が暖められ、膨らんでいくのを体感。最後はビニールを破り、外に出ておいしい空気を吸った。

 伊良部綾大(りょうた)君(平真小2年)は「エアドームが1番面白かった。外に出た時に空気の味が変わったのを感じた」、兄の遥大(はるた)君(同5年)は「空気砲はきれいにドーナツ状の輪が出てきたところが不思議だった」と感想を語った。

  • タグ: 石垣市子どもセンター
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム