八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

14年度は1億636万円の黒字 累積赤字が大幅縮小

任期満了に伴う役員改選で、候補者の賛否を投票する八重山漁協組合員ら=26日午後、石垣市民会館中ホール

任期満了に伴う役員改選で、候補者の賛否を投票する八重山漁協組合員ら=26日午後、石垣市民会館中ホール

八漁協総会 非常勤組合長に上原氏、理事専務に伊良部氏

 八重山漁業協同組合(上原亀一組合長、正組合員234人)は26日、市民会館中ホールで2015年度通常総会を開き、14年度の業務報告や15年度事業計画などを賛成多数で承認した。2014年度は1億636万円の黒字を計上、累積赤字を1億2719万円から2082万円に縮小した。任期満了に伴う役員改選では上原氏を含む理事12人、監事3人を投票で選出、総会後の理事会で上原氏(53)を非常勤の代表理事組合長、伊良部幸吉氏(46)を代表理事専務に互選した。

 14年度は、もずく養殖漁業の豊漁など市場販売事業が好調で1億2477万円の事業利益を上げ、事業管理費を差し引いた利益が2986万円と2年ぶりの黒字となった。これに新港地区整備工事に伴う漁業補償金約5000万円などの事業外収益が加わり、1億円台の当期余剰金を確保した。

 総会後の理事会では、常勤の県漁連会長に就任している上原氏を非常勤とし、組合長と同様に代表権を持つ代表専務理事を置いた。これに伴い、会計主任の新城和彦氏(42)を参事に昇格させた。

 理事会後、伊良部氏は「事業計画の重点事項を一生懸命遂行し、組合員のために頑張りたい」と抱負、上原氏は「代表理事専務には組合のリーダーとして頑張ってもらいたい。組合長としても支える」と述べた。

 総会ではこのほか石垣市の大型定置網事業に伴い、定款に同事業を追加。市は本年度に大型定置網事業を実施できるかどうか、理事会と調整して判断する。

 理事と監事は次の各氏。

 ▽理事=富川泰次、當間良美、玉城勇三、西里晃、金城一雄、金城和伸、仲田森浩、仲田吉一、石垣長治、大城英佑▽監事=高橋拓也、砂川政信、仲野英則。

  • タグ: 八重山漁業協同組合総会
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム