八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

「思い出詰め込みたい」 八重高新校舎が落成

落成した八重山高校の新校舎。手前は駐車場として活用されている=26日午後、同校

落成した八重山高校の新校舎。手前は駐車場として活用されている=26日午後、同校

生徒ら、気持ち新た

 八重山高校(小成善保校長、生徒697人)の新校舎の落成式典が26日午後、同校であり、生徒や大勢の関係者が完成を祝った。

 新校舎は鉄筋コンクリート造り4階建てで、延べ床面積3766平方㍍。総工費は8億9425万円。旧校舎の家庭科棟が解体された跡地は駐車場として活用している。

 式典で小成校長は「生徒の皆さんにとって素晴らしい教育環境ができた。これまで以上に努力し、それぞれの第1志望の進路実現にまい進してほしい」とあいさつ。中山義隆市長は「高校の3年間は人生の中で貴重で短い。精いっぱい学び、有意義な学校生活を送ってほしい」と祝辞を述べた。

 喜舎場光生徒会長(2年)は「完成を心待ちにしていた。たくさんの思い出を詰め込み、一人一人が大切に使っていきたい」と誓った。

 同日午前、同校に激励金として25万円を寄付した前校長の本成浩さん(60)は「生徒、教員、校長として関わり、八重高への思いが心にずっとあった。生徒には自分の力を信じ、頑張っていってほしい」と期待した。

 式典では次の11業者に感謝状を贈った。

 ㈱エー・アール・ジー、㈱池城設計、㈱大米建設、㈱南海建設、㈱秀光建設、㈲カイ設備、㈱紫電舎、㈱八電工、㈱共和、㈱日建興業、恒和ペイント㈱

  • タグ: 八重山高校新校舎落成
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム