八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

一時避難施設に国家公務員住宅 県内で初

合同宿舎石垣住宅の津波時における一時避難施設使用に関する協定書を交わした中山義隆石垣市長(左)と玉寄忠沖縄総合事務局八重山財務出張所長=26日午前、市役所庁議室

合同宿舎石垣住宅の津波時における一時避難施設使用に関する協定書を交わした中山義隆石垣市長(左)と玉寄忠沖縄総合事務局八重山財務出張所長=26日午前、市役所庁議室

市と総合事務局が協定締結

 石垣市登野城の国家公務員住宅3棟を津波時の一時避難施設に指定するため、市は26日、同住宅を管理する沖縄総合事務局八重山財務出張所と協定書を締結した。同出張所によると、国家公務員住宅を一時避難施設に指定するのは県内で初めて。市内では17~19件目の津波避難施設となる。

 同住宅3棟は5階建てで、津波災害時には5階部分のエレベーターホールと廊下の供用部分約167平方㍍(167人分の避難スペース)として使用する。

 4月24、26日の津波避難訓練・市民防災訓練後、市が地域の要望を受けて6月に同出張所に打診、今回の協定締結となった。

 調印式は26日午前、庁議室であり、中山義隆市長と協定書を交わした玉寄忠所長は「地域のニーズに応えていくためにスピード感を持って対応した。津波災害時には一人でも多くの人が助かるように使ってほしい」と述べた。

  • タグ: 国家公務員住宅一時避難施設県内初
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    関連するニュース

    • 関連するニュースはありません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム