八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

「完熟マンゴーどうぞ」 関東圏へ80㌔初出荷

関東圏向け初出荷されるマンゴーとJAおきなわ八重山支店マンゴー生産部会の会員ら=23日午前、八重山地区営農振興センター野菜集出荷場

関東圏向け初出荷されるマンゴーとJAおきなわ八重山支店マンゴー生産部会の会員ら=23日午前、八重山地区営農振興センター野菜集出荷場

JA八重山

 昨年5月に発足したJAおきなわ八重山支店マンゴー生産部会(仲本長照部会長、会員6人)は23日、初荷のマンゴー80㌔を関東圏に向け出荷した。

 マンゴーはこれまで、ゆうパックなどで農家が消費者に直接販売しているが、同生産部会ではJAの系統出荷に乗せることで、市場の拡大や大口契約の獲得、価格の安定が図れるとしている。

 今期は会員6人が40㌃から収穫、7月末までに1.5㌧の出荷を見込んでいる。

 出荷したマンゴーは県内外で主力のアーウィン種。JAの担当者によると、糖度は宮崎産の15度に対し、昨日の測定で18度と上々。味に太鼓判を押す。

 JAでは出荷場に集められたマンゴーを色や形状で3ランクに分け、品質の安定と向上を図る。今後は糖度も条件に入れていく。

 同生産部会の仲本部会長は「やっとこの日を迎えることができた。出来もよく糖度も18度出ている。いい商品を小さい石垣島から全国へ届けたい」と意気込んだ。

 照屋武美JAおきなわ八重山地区本部長兼八重山地区営農振興センター長は「一昨年導入したハウスから初出荷することができた。石垣島産のマンゴーとしてブランド化を目指したい」と抱負。

 同センター農産部営農販売課の長堂勝吉さんは「2~3年後には収穫面積200㌃、出荷量も6㌧程度に拡大させたい」と述べた。

  • タグ: マンゴーJA八重山
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム