八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

「戦争マラリア忘れないで」 遺族会、郡内6校でコンサート

八重山戦争マラリア遺族会の平和集会のコンサートで「月桃」を歌う児童たち=22日午前、真喜良小体育館

八重山戦争マラリア遺族会の平和集会のコンサートで「月桃」を歌う児童たち=22日午前、真喜良小体育館

音楽で平和の尊さ訴え

 八重山戦争マラリア遺族会(佐久川勲会長)は22日までに、郡内の小中学校6校で平和コンサートなどを行い、音楽で平和の尊さを訴えた。上原好子さん(79)=大川=が体験談を語った。

 最終日の22日は石垣中学校(南和秀校長、生徒575人)と真喜良小学校(宮良勝也校長、児童354人)の平和集会に参加した。

 このうち、石垣中では声楽家の田本徹さんが「あの夏の日に」、ソプラノの十文字恵美さんが「忘勿石」、ソプラノの上江洲みなみさんが「戦争マラリアなかったら」を切々と歌い、トランペットの玉盛邦則さんが「虹の彼方に」を演奏した。

 集会に先立ち、佐久川会長は「過去を知ることは大切。戦争は人間の心の中で始まる。それを止めるのも人間だ。正しく力強い心を持ってもらいたい」とメッセージを送った。

 3年生自治委員会の向井美波流(みはる)さんは「平和の意味を理解する心が大事と思った。無関心ではいけない。私たちが大人になっても次の世代につないでいけるよう、しっかりと平和について学びたい」と感謝した。

  • タグ: 八重山戦争マラリア遺族会平和コンサート
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    関連するニュース

    • 関連するニュースはありません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム