八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

殿堂入り記念パネル除幕 元世界チャンプ具志堅氏

国際ボクシング殿堂入りを記念したパネルの横に立ち、ファイティングのポーズを取る具志堅用高氏=22日午前、石垣港離島ターミナル

国際ボクシング殿堂入りを記念したパネルの横に立ち、ファイティングのポーズを取る具志堅用高氏=22日午前、石垣港離島ターミナル

石垣島PRに決意新た

 国際ボクシング殿堂入りを果たした世界ボクシング協会(WBA)の元ジュニアフライ級チャンピオンで、13連続防衛の日本記録を持つ具志堅用高氏(59)の「殿堂入り記念パネル」の除幕式が22日午前、石垣港離島ターミナル内の具志堅用高像前で行われた。式に出席した具志堅氏は「殿堂入りを果たし、自らも還暦を迎えた。これからは石垣島の役に立つように島のPRを含めて頑張りたい」と決意を新たにした。

 大勢のファンや同級生、市民が集まるなか、現役当時の入場曲「コンキスタドール」で会場に現れた具志堅氏は、指笛と拍手で出迎えられ「殿堂入りおめでとう」の声が上がった。

 パネルは具志堅氏と中山義隆市長の2人で除幕。白幕が外れないハプニングがあったが、具志堅氏が持ち前の明るさで笑いに変えた。

 パネルには、具志堅氏を紹介する年表や現役時代の写真がカラーで貼り付けられている。空白だったサイン欄には、本人が名前を書いた。

 具志堅氏は「現役時代は石垣島のために防衛しようとやってきた。ボクシングをやってきて感無量。石垣から世界に羽ばたく後輩が出てきてほしい」とエールを送った。中山市長は「この場所は観光客にも人気のスポット。石垣市観光大使としてこれからも古里石垣島をPRしてほしい」と話した。

  • タグ: 殿堂入り記念パネル具志堅用高
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム