八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

身近な人から「焼け焦げた米兵に石を投げた」…

 身近な人から、「焼け焦げた米兵に石を投げた」と聞いた。戦時中、撃墜された米軍パイロットを見に、多くの住民が集まって「鬼畜米英」と叫びながら投石したという▼憎しみ渦巻く狂気の世界だ。戦後生まれには想像できないショッキングな事件だが、最近は身震いする残虐な行為がクローズアップされ、国際社会の批判を浴びている。民間人を含め、大勢を次々と殺害している過激派組織「イスラム国(IS)」の狂気だ▼ところが石垣島でも狂った類似事件があった。戦時中に撃墜された米兵捕虜3人を処刑した「石垣島事件」だ。2人を断首、1人を柱に縛って40人余で銃剣で刺し殺したという▼捕虜に関する国際条約を無視して殺害、士気高揚を図った。ISの残虐な行為と変わらない。戦後、処刑を命じた上官7人がA級戦犯として処刑されている▼この事件で、当時少年兵として上官の命令に従って米兵を刺した人は、よく知る人だった。親しかっただけに、その取材は故人になるまでできなかった。一度だけマスコミ取材に応じ、「上官命令は絶対的で戦友のあだを討つ」と興奮状態だったと話している▼戦争の狂気、残虐性はいつの時代も変わらない。それは誰の心にも潜む。観音堂歴史公園内には殺害された米兵3人の慰霊碑がある。今日は慰霊の日。ぜひ足を運んでほしい。(黒島安隆)

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム